島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206]
島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206] 島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206]

島津薩摩切子 二色被せ 新作 猪口 (大) 島津興業 薩摩ガラス工芸 [C-206]

¥33,000

配送方法 : 宅配便のみ(メール便不可)

納期 : 1~2営業日以内に発送

お問い合わせ
鹿児島の伝統工芸品「薩摩切子」の猪口

鹿児島の伝統工芸品「薩摩切子」の猪口です。


「二色被せ(にしょくぎせ)」とは透明ガラスの上に選りすぐられた異なる2色のガラスを重ね3層になっている生地に、緩やかなカッティングを施した表現方法。
伝統を生かしながらも創意工夫を凝らしたこの「二色被せ」は2001年に商品化されました。変化あるグラデーションが特長です。

こちらは小さめのグラス、お猪口です。

薩摩切子ならではの重厚感と輝きは、焼酎や日本酒、いつものお気に入りのお酒も一段と美味しく感じられそうですね。
使わない時も飾っておけば、目を楽しませてくれること間違いなしです。



--- 商品情報 ---


製造元:薩摩ガラス工芸
サイズ:約 6.2 cm × 高さ 5.2 cm
素材:クリスタルガラス

※職人さんによる手作りのため、同じ商品でも色合いやサイズに違いがございます。
※上記内容を理由に、キャンセルや返品はお受けできませんのでご注意ください。
※ご覧頂く環境により色・素材の見え方などが実際の商品と多少異なることがございます。



薩摩切子とは

薩摩切子は江戸末期の薩摩(鹿児島)で盛んに作られましたが、わずか数十年で途絶えてしまいます。その後、昭和後期になりガラス工房、職人たちにより復元され鹿児島県伝統工芸品に認定されました。

薩摩切子は透明のガラスの表面に色ガラスを溶着させた色被せガラスにカットを施し磨き上げられます。一番の特長であるその美しい「ぼかし」。厚みのある色ガラスをカットすることで絶妙なグラデーションが生まれます。熟練した職人の技術が必要で手作りのため大量生産ができません。

江戸末期、そして現代に復刻されてもなお人々を魅了し続けている逸品です。



島津興業 薩摩ガラス工芸 ブランドプロフィール

島津興業 薩摩ガラス工芸 / 鹿児島

薩摩ガラス工芸は薩摩切子が幻となってから島津斉彬の再興への想いを実現すべく鹿児島市磯に1985年に設立されました。当初、紅・藍・紫・緑の4色を復元、その後現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功、2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫が誕生しました。また伝統を生かしながらも創意工夫を凝らした二色被せなどの製造にも積極的に取り組んでいます。
>>島津興業 薩摩ガラス工芸の商品一覧はこちら

最近チェックした商品